台瘋・巴萊(タイフォン・バレ)

もっと台湾のことを知ってほしい!

夜市

新・士林夜市へ行ってみた

今日12月25日に、士林夜市が引っ越しました。
新・士林夜市は、旧・士林夜市と同じく、MRTの劍潭駅が最寄りの駅になります。まず1号出口を出て、基河路に沿って10分ほど歩くと、右側にあります。記事の最後に地図を載せました。


003

新・士林夜市に行くまでの道。人が多いですが、歩道がありません。隣を車やスクーターが走っているので、気を付けてください。正確に言うと、歩道はあるのですが、全部屋台に占拠されています。


005

新・士林夜市の入口。地上は食べ物以外の服などのお店が多いです。食べ物の店は地下に集まっています。


011
 
地下に入る前に人数制限していたんですが、それでもオープン初日ということもあり、ものすごい人でした。場所によっては、秒速30cmくらいでしか進めないこともありました(笑)。


016

夜市内のお店の地図。これ非常に大事です。士林夜市へ行く人は、ダウンロードして拡大コピーしておいてください(笑)。


013
 
蚵仔煎(カキオムレツ)。このおばさん、見覚えあります。ほとんどの店は旧・士林夜市から移ってきたものだと思います。一部見慣れないお店もありましたが。


020

台湾名物、蓮霧。シャキシャキして、甘くておいしいですよ。


021

これも台湾名物、釋迦頭。形がお釈迦様の頭に似ているので、釋迦頭と言います。甘くておいしいです。昨日しゅんさんがツイートしていました。


023

テレビ局もたくさん取材に来ていました。


030

来る前に、ニュースやツイッターでいくつか「地下なので煙たい」という意見を見ましたが、全然そんなことはありませんでした。写真のように、かなり強力な換気扇で排気しています。ですから、空気に関してはそんなに心配することはないと思います。ただ、これはあくまでも僕個人の感覚です。
インターネットニュースについていたコメントを見て、ツイッターはともかく、どうしてニュースや新聞が新・士林夜市を事実以上に批判しているのかが分かりました。移転を決めたのは市政府(市役所)なので、これは台湾メディアが好きな政府批判です。何でも「政府が悪い」と報道すれば、「そうだ!政府が悪い!」と呼応する視聴者がいっぱいいて、視聴率が上がりますから。

よく見たら、店員の背中に「歐咪呀給」と書いてあります。中国語で読むと「オミヤゲ」になります。当て字です。一部では通じるみたいですね。


038

逆に地下化のメリット。暖かい!火をたくさん使っているし、人もたくさんいるし、風も入らないので、とても暖かいです。ただ、夏は暑いかもしれません(笑)。


027

今日はとにかくすごい人でした。歩いても歩いても、席が見つかりません。


やはり、旧・士林夜市に比べて、かなり清潔になった印象を受けました。夜市全体が明るく、きちんと整備されています。 旧・士林夜市のような、雑然とした雰囲気はかなり薄れ、夜市と言うより、むしろデパートのフードコートに近い健康的な感じです。これは賛否両論分かれるでしょう。
ただ、確実に言えることは、「これから数か月、休日には行かないほうがいい」です。とにかくものすごい人、人、人で、歩くだけで一苦労です。席を見つけて食べ物にありつくまで、かなりかかると思います。


続きを読む

大餅包小餅

このあいだの「大腸包小腸」と名前は似ていますが、全くの別物です。
そういえば、中国語では「老婆」(妻)にも「大老婆」と「小老婆」があって、「小老婆」に限り、「包小老婆」 することができますね。詳しくは書きませんが(笑)。


109


大餅包小餅は、士林夜市の名物です。調べてみたら、なんとWikiに「大餅包小餅」という項目が見つかりました。「士林夜市の五大小吃」の一つらしいですよ。ちなみに、他の4つは、炒花枝羹、檸檬愛玉、士林大香腸、藥燉排骨(スペアリブの漢方煮込み)らしいです。偶然にもほとんど写真を撮っていました。

「大餅包小餅」(Wiki)


106

炒花枝羹


126

檸檬愛玉


103

士林大香腸


藥燉排骨だけ写真撮りませんでした。残念


大餅包小餅は、カリカリの「小餅」があり、それを叩いて、春巻きの皮のような「大餅」で包みます。

110
 
これが「小餅」。ちなみに「餅」の意味は、日本語と中国語で全く違います。中国語の「餅」は、「小麦粉を練って焼いたもの」です。


112

いろいろ味が選べます。

Wikiによると、もともと大餅と小餅は友達が並んで別々に売っていたそうです。数年後、大餅の主人が病気になったため、小餅の主人がともに苦労した日々を懐かしんで、大餅で小餅を包んで売り出したら大ヒットしたとのこと。





146

大餅包小餅

正直言って、めちゃくちゃおいしいと言うほどのものでもないんですが、士林夜市の名物なので、ぜひ食べてみてください。

士林夜市が引っ越します

台湾を代表する夜市であり、おそらく日本人にとってもいちばん有名な夜市であるはずの士林夜市が、今月引っ越します。
もともと、今の場所は2002年から一時的に使っている場所であり、元の住所に戻る、と言ったほうが正確だそうです。
15日に引っ越しが始まり、25日に新しい(元の)場所で運営が始まるそうなので、今の場所での士林夜市の最後の姿を記録しに行ってきました。

まず、引っ越し後の士林夜市。

092

新しい士林夜市は地下に入るそうです。夜市の特色が失われると言われていますが、どうなんでしょう?


090

夜空に浮かぶ「士林夜市」の文字。


驚いたことに、もう引越し間近だと言うのに、新士林夜市への道順案内はおろか、引越しの告知すらありませんでした。台湾らしいと言えば台湾らしいですが、不親切です。おかげで道に迷ってかなり時間を損しました。


094

新士林夜市へ向かう道。よく見ると、歩道を屋台が完全にふさいでいて、歩行者が車道と同じ高さの道を歩かざるを得なくなっています。危険です。市役所は屋台の撤去に乗り出すそうですが、屋台は抗議しているそうです。


 ここからは現在の士林夜市です。

123

相変わらず人は多いです。ただ、人種構成(?)がかなり変わりました。中国人が多いです。どこへ行っても聞こえてくるのは中国なまりの中国語。声が大きいので、余計に目立ちますね。日本人はちょっと減ったように感じました。


098

103

ソーセージでかすぎ。


106

この「生炒花枝」(イカとタケノコの炒めもの)はとてもおいしいです。しかも、士林夜市以外で見たことがない(台北にはよくあるのかな?)ので、ぜひここで食べることをお勧めします。


120

115

台湾の「天婦羅」は、さつま揚げみたいな食べ物です。


122

米粉(ビーフン)。僕が住んでいる新竹の名物でもあります。


121

麻辣臭豆腐というむちゃくちゃ辛い臭豆腐です。

126

檸檬愛玉。愛玉とは、ゼリーのような食べ物です。

130





142

MRT劍潭駅から見る士林夜市。新しい士林夜市は、駅と現在の士林夜市の間にある道(基河路)をずっと右の方へ歩いていくと、右手にあります。徒歩10分くらいです。正確な住所は、台北市士林区基河路101號、です。
あ、よく間違えることですが、士林夜市の最寄りの駅は、実は士林駅ではなく、劍潭駅です。気を付けてください。


檢視較大的地圖

大腸包小腸

昨日、ツイッターでこの写真を投稿したら、大きな反響があったので。。

a32898cc.jpg


昨日、士林夜市へ行ったので、そこで食べて来ました。ただ、台湾ではどこにでもあるような、ポピュラーな食べ物です。

137


134

「大腸包小腸」とは怖い名前ですが、要するに、「大きいでソーセージが小さいソーセージを挟んでいる」ということです。日本語では、「台湾風ライスドッグ」と訳されるそうです。

135

外側の大きいソーセージは、もち米で作られています。

136


内側のソーセージは、普通の肉で作ったソーセージです。ただ、「香腸」と言って、ちょっと甘くて、多分シナモンが入っているような味の、中華風ソーセージです。
もち米のソーセージで肉のソーセージを
挟みます。昨日の店は、他に高菜の漬物を挟んでいましたが、いちばん上の写真のように香菜(パクチー)を挟んだり、いろいろあります。


139


熱々を食べます。ホットドッグみたいで、おいしいですよ。


逢甲夜市 その2

台中の逢甲夜市の続きです。

ここ、逢甲夜市が発祥の地といわれている「大腸包小腸」の屋台です。

029

 
 「創始店」(元祖)と書いてありますが、実は台湾ではあちこちに 「創始店」があるので、どれが本当かはわかりません(笑)。


030
 
「大腸包小腸」は、もち米で作った大きなソーセージで、肉のソーセージを挟んだ食べ物です。おなかがいっぱいだったので買いませんでしたが、 おいしいものです。


032
 
「台湾初特別な臭豆腐+特別なたれ」だそうです。これも興味があったんですが、買えませんでした。


033
 
確かに大きい。


035
 
鹽水雞(塩水鶏)の店を見つけたので、買ってみました。鹽水雞は、蒸した鳥肉を細かく切って、いろいろな野菜などと混ぜ合わせ、塩水、こしょう、ニンニクなどで味付けする台湾の代表的な屋台料理です。


036




台湾に屋台料理は多いですが、僕は特にこの塩水鶏を強くお勧めします。なぜかと言えば、単においしいだけでなく、健康的だからです。屋台は基本的に揚げ物や甘い飲み物など、高カロリーの食べ物が多いです。しかも、夜遅く食べるので、余計に太りやすいです。塩水鶏は鳥肉と野菜なので、不足しやすい良質のたんぱく質と野菜が補充できます。ただ、塩辛いので塩分の取り過ぎには注意です。


051

家に帰った後、器に盛り付けた塩水鶏。160元でこれだけ食べられるので、かなり得だと言えます。塩水鶏もお店によっておいしいところとそうでないところがあるのですが、ここのは美味しかったです。野菜や豆腐など、いろいろ選べるのもよかったです。続きを読む

逢甲夜市 その1

この前の日曜日、台中で日本語教師の勉強会があったので、ついでにその夜に逢甲夜市に行ってきました。台湾最大の夜市ということで、以前から行ってみたかったのですが、なかなか行く機会がありませんでした。

 Wikiによると、「平日で3万人、休日には10万人を超える人出」だそうです。ここが発祥の小吃も多く、「麻辣臭豆腐、章魚小丸子(たこ焼き)、大腸包小腸(米のソーセージでソーセージを挟んだもの)、起司洋芋(チーズを載せたジャガイモ)、可麗餅(コロッケ)、冰鎮糖葫蘆、懶人蝦(エビの串焼き)、金桔檸檬汁(レモンジュース)および炒麵麵包(焼きそばパン)」などが逢甲夜市発祥だそうです。

 たこ焼きと焼きそばパンはどう考えても日本発祥のような気がしますが・・・。


 昼に、「日本で売っている台湾についての本はステレオタイプばかりだ」と批判したばかりなのに、夜市の記事を書くのも何なんですが、まあ夜市は確かに台湾人の生活の一部なので・・・。

 002

 逢甲夜市は駅からだいぶ離れています。僕らはバスで行きました。


005

 まあ本当に、人、人、人です。中国語では「人山人海」と言います。


009
 
 僕らが夕食を食べたおでんの店。おでんは台湾で「關東煮」もしくは「黒輪」と言います。どうして「黒輪」と言うか、ずっと謎だったんですが、台湾語で発音すると、「黒輪」の発音が「おでん」に近くなるんですね。


008

 微妙に日本と違うネタ。


 010

 台湾のおでん。だしがよくきいていて、おいしいです。ただ、具に豆皮(湯葉のようなもの)など、台湾独特の具がたくさんあります。汁にも、ショウガと香菜(パクチー)が入っているところが台湾ならではです。ただ、7-11で売っているおでんはほとんど日本のと変わりません。


011

 極め付きはこの芋頭(タロイモ)! 台湾ではよく鍋物に使われます。長く煮込むと味が染みて崩れてきておいしいです。デザートに使われることもあります。




 かなり恥ずかしかったんですが、写真だけでは夜市の雰囲気が伝わらないと思ったので、動画を撮りました。顔は出ていませんが、声は出ています。正直ものすごく恥ずかしいんですが、台湾を紹介するために、我慢します。続きを読む
最新コメント
最新トラックバック
歴代人気記事
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
無名小站正妹時計
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブックマークに追加
我支持賽德克・巴萊
巴萊‧影迷勛章
  • ライブドアブログ