台瘋・巴萊(タイフォン・バレ)

もっと台湾のことを知ってほしい!

書評

フォロワー数2200万人! 元グーグル副総裁が教えるツイッター活用法

今日の記事は、ツイッターをやっている人は必見でしょう。

140字的力量カバー



李開復「李開復談微博改變一切 140字的驚人力量」
(李開復が語る 微博はすべてを変えていく 140文字の驚くべきパワー)


まず、「微博」とは何か? 簡単に言うと、中国版ツイッター、140文字に限定されたブログです。
「中華人民共和国ではTwitterやfacebookへのアクセスが規制されているため、中国ローカルな、しかし参加人数では国際的なものに匹敵するミニブログ(微博、拼音: weibo ウェイポー)が多数誕生している。」

Wiki「ミニブログ」

ですから、このブログの中では、原書を尊重して「微博」と書きますが、「微博」を「ツイッター(ツイート)」と読み替えても問題ないと思います。


著者紹介
台湾生まれアメリカ育ち
1990年アップル加入。バイスプレジデント(副総裁)
1998年マイクロソフト加入。バイスプレジデント
2005年グーグル加入。バイスプレジデント兼大中華区プレジデント
2009年「創新工場」設立。

Wiki「李开复」

アップル、マイクロソフト、グーグルと、世界三大IT企業と言ってもいいような会社の役員を兼任しています。


そして、

騰訊微博でのフォロワー数は何と2200万人!

李開復騰訊微博


新浪微博でのフォロワー数も1000万人!


いくら中国の人口が多いとはいえ、ちょっと信じられない数字です。


章節
PART 微博如何改變李開復(微博は李開復をどう変えたか)
CHAPTER1 微博是這樣練成的(微博はこのようにしてできた)
CHAPTER2 我與微博的故事(私と微博の物語)
CHAPTER3 我的微博之路(私の微博ロード)
PART 微博正在改變中國(微博が中国を変えつつある)
CHAPTER4 我看微博現象(私が見る微博現象)
CHAPTER5 微博在中國的傳播魅力(微博の中国における伝播の魅力)
CHAPTER6 微博的商機和未來(微博のビジネスチャンスと未来)
PART 你也可以玩微博(あなたも微博ができる)
CHAPTER7  開復教你寫微博(開復が教える微博の書き方)
CHAPTER8 如何吸引粉絲(どうやってファンを引き付けるか)

たぶん読者が興味があるのは、CHAPTER7とCHAPTER8だと思うので、先にCHAPTER7とCHAPTER8を紹介します。そのほかの内容は、記事のいちばん下「続きを読む」をクリックしてください。


CHAPTER7  開復教你寫微博(開復が教える微博の書き方)

微博(ツイッター)における有名人の特徴
・個性があり、自分の考えを伝えることができる
・社交的な魅力があり、注目を引き付けることができる
・おもしろく、他人に影響されない
・価値があって、オリジナルな情報を提供できる
・毎日微博を更新するが、うっとうしいというほどではない
・毎日フォロワーあるいはその他のインターネットの友達と交流する
・微博(ツイート)の内容が多様で、バランスがとれている
・フォロワーが何を見たいかを理解していて、自分が見てほしいことだけを書くのではない
・どうやって自分の微博を広めるかを理解しているが、嘘をついたり、ひけらかしたりしない
P220
「毎日微博を更新するが、うっとうしいというほどではない」「フォロワーが何を見たいかを理解していて、自分が見てほしいことだけを書くのではない」
これはまさに僕が気を付けているところです。自分で書きたいと思うことは多くて、思いついたらすぐポストしたくなるのですが、「このツイートを見たいと思う人が何人いるのか」、「ツイートが頻繁すぎないか」を考えて、一呼吸おいてからポストするように心がけています。


微博(ツイッター)を書くための準備
1.誰のために書くのか?何のために書くのか?をはっきりさせる
2.人気のある書き手の微博(ツイート)を研究する。
3.微博のテクニックと成功法を学んでから書く。
4.パソコンだけでなく、スマートフォンからも微博を書くことをマスターしなければならない。いつでもどこでも微博を書く。
P220-P223
「誰のために書くのか?何のために書くのか?」、僕の場合ははっきりしています。「台湾に興味のある人のため」、「台湾をもっと知ってもらうため」です。
「スマートフォンからツイートする」もとても大事だと思います。たとえば、食べた料理がどれだけおいしいのか、家に帰ってから、パソコンでどんなに言葉を費やしても伝わりません。その場でiPhoneで写真を撮って、すぐさま写真付きでツイートしなければ、おいしさは伝わりません。

2011/12/14 13:52:16
昼食。鹹魚炒飯(塩漬けの魚の炒飯)。炒飯と言えば、肉やエビが一般的だけれど、実はこの鹹魚炒飯がおいしい。台湾に来たらぜひ。 
472039198


微博(ツイッター)を書くコツ
1.微博の最初の言葉はとても重要。人を引き付けなければならない。時には衝撃的で、煽ってもよい
2.微博の最後の言葉はとても重要。目立つ言葉でテーマに触れる。疑問を提出してみんなに考えてもらうか、リツイート、評論を誘ってもよい。
3.文字だけでなくてもよい。必要があれば、インターネットのリンクを加えてもよい
4.中国語微博の中で、英語の半角記号を使ってはならない。
5.もし伝えたい内容が多くて、しかも筋道があれば、番号を振って、はっきりと分ける。
6.言葉は簡潔で、はっきりしていて正確でなければならない。
7.微博をポストする前に、必ず見直す。
8.もしみんなに助けてほしいこと、たとえば慈善などなら、「拡散希望」、「助けてください」などをつける。
P247-P254 

これはまさに煽り。ロケットニュースという有名メディアを皮肉ることで、ちょっとフォロワーが増えないかなと期待したんですが、全く無駄でした(笑)。

2011/12/11 23:22:32
最近のロケットニュースは僕のツイートの後追いが多いな。話題の超美少女がバンザイしたら、わき毛が見えた – ロケットニュース24(β) http://t.co/ZCduk310 via @RocketNews24
2011/12/11 21:03:27
中国の有名美少女が、わき毛を撮られる。台湾でもときどき、わき毛を処理していない人がいる。中国はもっと多いらしい。「糗!「奶茶妹」章澤天跳動感啦啦舞 不慎露出黑腋毛」 http://t.co/2ssAQQ0g
470029207


これも、「最初の一言で引き付ける」例。10回以上リツイートされたので、成功だと思います。

2011/12/14 11:41:22
倖田來未は台湾で「性感歌姫」と呼ばれているそうだ。確かに、中国語の「性感」は「セクシー」で、日本語のようないやらしい意味はないものの、日本人が「性感歌姫」という文字を見るといやらしく思う(笑)。

これは「疑問を提出してみんなに考えてもらうか、リツイート、評論を誘ってもよい」の例。

2011/12/11 21:08:42
こないだは、(おそらく)彼女にひざまずかせられる彼氏だったが、今度は(おそらく)娘にひざまずかせられる母親。台湾はどうなっているんだ?
470032531
 

だいたいいいことを言っていると思うんですが、8の「もしみんなに助けてほしいこと、たとえば慈善などなら、「拡散希望」、「助けてください」などをつける。」だけは、どうかと思います。
特に、311以降、「拡散希望」があふれすぎて、みんなうんざりしているので、いまさら「拡散希望」は逆効果になるのではないかと思います。

あと、自分で補足したいところ。それは、「ツイッターの本質は、『分享』(共有)である」ということです。自分がおもしろいものを見た、役に立つことを覚えた。それを他人にも見てほしい、知ってほしい、というのが、他人にとってもおもしろい、自分にとってもリツイートされてフォロワーが増える、といういいツイートなのではないかと思います。

2011/12/13 14:09:48
役に立つ記事。『台湾の飲食関係のルール・習慣・聞かれること』 http://t.co/fx3GJaih
2011/12/11 15:55:47
来たばかりの頃、中国語があまり良くわからなかった。だから、友達と焼肉に行った時、「熟了。可以吃了。」(熟した。食べられるようになった)と言っていたのでびっくりした。後で知ったが、「火が通る」の意味だった。
2011/12/08 13:20:31
今日覚えた中国語。「掰掰肉」(bai1 bai1 rou4)。「二の腕のたるんだ贅肉」。「蝴蝶肉」(hu2 die2 rou4)という言い方は知っていたが、こういう単語もあるんだ。


CHAPTER8 如何吸引粉絲(どうやってファンを引き付けるか)

フォロワーの増やし方
0人から100人まで
1.自分から人をフォローしなければ、人からフォローしてもらえない。
どうやってフォローする人を探すか?自分と似た人を探す。自分と似た人こそ、同じ話題ができ、相互フォローするからだ。
2.活躍していて、かつ他人をフォローし、交流するのが好きな書き手を探す。
一つの方法は、人気のある微博、討論の中で、積極的に評論、リツイートする人を探すこと。
もう一つの方法は、相手のフォロー数とフォロワー数の関係を見ること。もしある人のフォロワーが50人なのに、500人をフォローしていたら、その人は他人をフォローしまくる人だ。
3.一定の量の人をフォローした後、微博で彼らの発言に評論を加える。そうしなければ、他人に注目してもらえない。
もし他人をほめれば、その人もあなたに注目し始める。
4.その他のウェブサイト、たとえば個人のウェブサイト、ブログなどで、あなたの微博リンクを提供する。Eメール署名、名刺に微博のアドレスを書いてもよい
5.フォロワーが増える初期段階に、毎日人を引き付ける微博をポストする。
6.初めに微博であなたと同じタイプの人を探す。自分がフォローしている人が討論しているのと同じ内容の微博をポストする。
 P275-P279
僕はツイッターを始めるとき、「まず100人をフォローしろ」と書いてあったので、とにかく100人をフォローしました。
また、「とにかく他人の発言に絡め」とも書いてあったので、フォローした後、他の人の発言に反応しました。
ただ、最近では、専守防衛というか、自分のツイートに対する返事に反応するだけで手一杯で、自分から絡んでいく余裕がなくなったのが残念です。

100人から1000人まで
フォロワーの多い人にリツイート、推薦してもらう。
まず自分の友達、同じ話題がある、似ている書き手を探す。
注目を引き付けるツイートを用意する
それから、コメントもしくはダイレクトメッセージの形で書き手に送って、リツイート、推薦してもらう。
P279-P281 
特に地震以降、一般人が有名人に「拡散お願いします」とツイートを送っていたパターンでしょうか。また、しつこく有名人を攻撃し続け、相手が我慢できなくなって反撃するのを狙う、という「炎上マーケティング」みたいなのも見ました。
ただ、日本人の控えめな性格から言って、中国人の「ダイレクトメッセージの形で書き手に送って、リツイート、推薦してもらう」のような図々しい(?)方法を真似するのは難しいんじゃないかと思います。

ちなみに、ここに書かれているフォロワーの増やし方はすべて正統派(?)ですが、邪道(?)の増やし方もあります。こちらに詳しくまとまっています。

「なぜTwitterで何万人にフォローされていても一万人以上フォローしている人は カッコ悪い人なのか?」


ポストに適した時間
・午前9:30~12:00、午後3:30~5:30、夜8:30~11:30。
・夜が一番多く、午前がその次、午後は少ない。
・内容によっても、いい時間は違う。業界ニュースなら、午前の仕事時間、娯楽、生活なら、夕食後の時間。
P281-P283 
日本では、ジャーナリストの佐々木俊尚(@sasakitoshinao)氏が、毎日7時に「おはようございます」の後にツイートを流していますね。僕も見習って、毎日定期的に、見る人が多い時間帯にツイートを流したいのですが、なかなか実行できません。


リツイートのコツ
・慎重に選ぶ
・リツイートが自分のツイートの半分を超えないようにする
・できる限り自分の簡潔な評論を加える。
・自分で自分のツイートをリツイートする。反応が良かったツイートは、数時間後に一言加えて、リツイートする。
・リツイートの内容は100字を超えないようにする。他の人がリツイートするとき、あなたの文章を削除しないように。
P285-P289 

「できる限り自分の簡潔な評論を加える」これも日本とは少し事情が違います。日本では、非公式リツイート(自分の評論を加えたリツイート、「コメントRT @ID 本文」)は(特に自分がツイート主をフォローしていない場合、本人に)嫌がられる傾向があります。だから、僕は普段は公式リツイート(そのまま改変を加えないリツイート)の後、一言コメントを加える、という方法を使っています。

2011/12/14 19:17:03
結局、規律(discipline)の問題なのではないか。日本・韓国・米国のような一定の規律のある国は、政治は透明になり経済は発展する。だが人間の自然な感情を犠牲にせざるを得ない。コロンビアやフィリピンのような「緩い」国は政治や経済が混迷を続けるが、人間味の生き方ができるのだろう。
2011/12/14 20:35:13
台湾は多分日本とフィリピンの間かな?

ただこれも欠点があって、元のツイートを見ずに、僕のツイートだけ見て返事してくる人がたまにいます。そうするとまた説明しなければならず、面倒くさいです。


「反応が良かったツイートは、数時間後に一言加えて、リツイートする。」これは僕はやりません。押し付けがましいですから。
しかし、反応が良かったツイートに対する返事に、非公式リツイートで一言加えて、原文が見えるようにして再ツイートする、というのは、僕がよくやる技です。「あるフォロワーに返事すると同時に、見逃した人のためにもう一度ツイートする」という高等技術です。
実際に、これによって「返事の返事に、また返事がつく」という新たな交流が生まれることもあります。

2011/12/13 13:33:42
たしかにそうです。 RT @Ken1_Horie ブースで仕事をしてる友人が言っていた「小姐を観に行く所」と言うのは正しかった。RT「 台北のIT展で見つけた美人」 
469258480 
2011/12/13 13:24:59
有名な芸術らしいです。 RT @SaibeeSan なっ、なんですか?? RT @koichiuno これはなんだ?台北駅で見つけたオブジェ。 
467858434
 


ツイートの頻度
できれば毎日ツイートする。
しかし、多すぎると、タイムラインを埋め尽くして反感を買う。しかも、ツイートの質も低下する。したがって、一日に10~15ツイートが適当。
P289-P290 
全くできていません。Twilog(ツイッターを記録するツール)によると、僕は毎日平均98.2件ツイートしているそうです(笑)。
ただ、他の人のタイムラインを埋め尽くさないように、できるだけ非公式RTを使わず、時間も分散するように気を付けています。


フォロワーと交流する
フォロワーを引き付け、フォロワーを引き留める重要な方法は、フォロワーと交流すること。
投票、クイズ、なぞなぞなど。
一つの問題を提起して、みんなに関心を持たせ、討論に参加させる。
P290-P296 
僕もやってみたんですが、効果はいまひとつでした。ただ、やらないよりはいいと思うので、続けようと思います。

2011/12/08 00:05:12
第一問 ○×クイズ 「台湾は山が多い国ですが、台湾の最高峰は、実は富士山より高い!○か×か!」 答えはブログで。 http://t.co/sdkZJhzE #台湾クイズ

続きを読む

台湾人人気ブロガーの爆笑日本滞在記

すみません。ブログ開設間もないので、しばらくはツイッターで反響の大きかったネタを焼き直して、安全牌でやっています(笑)。見逃した人もいるだろうし。

 と言うわけで、「接接在日本2」の再紹介です。

接接在日本カバー


「接接在日本2:日本不思議ㄋㄟ!」
著者:接接

 作者の接接さんは、台湾生まれの台湾女性で、日本から仕事に来た大王(夫のあだ名)と知り合い、それがきっかけとなって2004年から日本に定住しているそうです。今は日本語もペラペラ・・・。
 うらやましい。僕の彼女も台湾人ですが、付き合って3年近くになると言うのに、いまだに簡単な単語しか覚えません。しかも覚える気もないし、「日本に行ったら覚えるでしょう」と言っていますが、どうなることやら。

  それはともかく、接接さんが書いていたブログが人気となり、出版に至った、というわけです。実は1が出る前から、彼女もときどきブログを見ていたので、僕も存在は知っていました。

 「接接在日本」(ブログ)

 本の内容は、 1が二人の出会いから結婚までを中心に書いていたので、2は接接さんが日本でおもしろいと感じたこと、日本と台湾の文化の違い、日常生活の中であった事件などが中心となっています。

接接在日本1

 この本は、文章もおもしろいんですが、とにかく絵がかわいい!日本で売っても、女の子には受けるんじゃないでしょうか。本当はまずいんですが、宣伝のためにちょっと画像を貼らせてもらいます。

接接在日本2

  たとえば、お風呂の入り方一つにしても、日本とは違うので、日本で暮らしたい台湾人にとっては、この本はすごく役立つんじゃないかと思います。また、逆に日本人にとっても、「外国人にとって、こんなことが新鮮に思えるのか」と興味深いです。

 日本と台湾の文化の違いは、僕は日本人で、接接さんは台湾人ですが、感じるところはほとんど同じです。たとえば、「日本のサービスは丁寧すぎる(逆に言うと、台湾のサービスはぞんざいすぎる)」。

接接在日本4
 
 日本のサービスは、とても礼儀正しくて、店員がよく訓練されています。だから、最初に台湾に来たときは、「何だこの失礼な店員は」と思っていました(笑)。しかし、逆に言えば、日本のサービスは丁寧すぎて、客との間に壁を作っている、という面もあります。台湾は反対で、そんなに礼儀正しくない代わりに、客を自分の友達のように情熱的に扱ってくれる(全てではないですが) という長所があります。


 あと、よく日本人と台湾人の間で文化の違いが問題になるのが、「食べ残し」。日本人の感覚では、「客が食べ残すのは、主人に対して失礼」ですが、中華圏では、「客が食べきれないほどの料理を出して、おなかいっぱいになってもらうのが主人の礼儀」です。だから、台湾人も食べ残しをもったいないともあまり思わないし、レストランでも、たくさん頼んで食べきれなかったらそのまま残すか、詰めてもらって持って帰ります。

 下のイラストは、台湾人が日本人をレストランに招待したときの笑い話。台湾人の主人側は、「客に全部食べ切られては失礼だ」とどんどん注文し、日本人のお客側は「食べきらなければ失礼だ」と満腹なのに無理やりお腹に詰め込むという図(笑)。

接接在日本6
 
 これ、知っているから笑えますが、知らなければ絶対にやるだろうな、という誤解なので、日本人も台湾人を接待するときには気を付けてください。台湾人が日本に旅行に行って、「料理が少ない」という不満を持つことはよくあるそうです。続きを読む
最新コメント
最新トラックバック
歴代人気記事
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
無名小站正妹時計
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブックマークに追加
我支持賽德克・巴萊
巴萊‧影迷勛章
  • ライブドアブログ