知っている人は知っているけれど、知らない人は全然知らない意外な事実。僕も台湾へ来るまでは知りませんでした。
実は台湾には正月が二回来ます。新暦(中国語では「國曆」という)の正月と旧暦(中国語では「農曆」という)の正月(旧正月)です。「年越し」も二つ中国語があって、「新暦の年越し」は「跨年」(kua4 nian2)、「旧暦の年越し」は「過年」(guo4 nian2)と言います。中国語で「正月」は「新年」(xin1 nian2)、「春節」(chun1 jie2)と言いますが、多くの台湾人は「過年」を「正月」の意味で使っています。


このうち、新暦の正月(日本と同じ1月1日)のほうが先に来ます。 ただ、こちらはあまり重視されていません。12月31日の夜に盛大に年越しコンサート(跨年晚會)が行われ、101で花火が上がり、みんな街に繰り出してお祭り騒ぎでカウントダウンしますが、休日は1月1日しかありません。1月2日から通常営業です。一般的に言って、新暦の正月はただのバカ騒ぎと言えるでしょう。ですから、今も台湾にはほとんど年末気分はありません。


一つおもしろい話。中国語で「明けましておめでとう」を「新年快樂」と言いますが、台湾人はこれを年末から使っています。つまり、 「新年快樂」 は 「明けましておめでとう」 だけではなく、「良いお年を」も兼ねた意味です。ですから、日本語を習い始めた学生は、年末から僕に「明けましておめでとう」とよく言います(笑)。

昨日とは別の、101ビル年越し花火のビデオ




台湾で、本番の正月はやはり旧正月です。旧正月は、旧暦なので、毎年違う日です。今年はたまたま1月23日です。
旧正月には、ごちそうを食べたり(厳密に言うと、大晦日の夜に食べるので、おせちではない)、お年玉(紅包)をあげたり、親戚周り(拜年)をしたり、爆竹を鳴らしたり、いろいろな行事があります。休みも旧正月は9日(これも毎年違う)あって、多くの人は実家に帰ったり、旅行したりします。
旧正月には、多くの店が休業し、たいていの人は家に帰るので、街はがらんとしています。飛行機、ホテルやタクシーも値上げするので、観光するなら旧正月より、新暦の正月のほうがいいかもしれません。それか、元宵節と呼ばれる、旧暦の1月15日には、各地でいろいろなお祭りが行われるので、おもしろいです。

happy


旧暦の正月については、またその頃になったらブログで書こうと思います。