台湾の有名ポータルサイト、yam蕃薯藤が、2011年にインターネットで人気のあった女性13名を発表しました。もちろん、以前Yahooが発表した10人とは一人もかぶっていません。
「素人當道!2011網路爆紅13妹」

Yahooが選んだ10人はこちら
「2011年度インターネットユーザーが選ぶ台湾十大美人」


「猴抓妹」

政治大学の陳維芊(シャーミアン・チェン)さんが、バリ島でサルに餌をやろうとしたところ、餌が服の中に入ってしまいました。サルが服を引っ張り、危うく脱げそうになっている写真を友達がインターネットに投稿し、人気になりました。イギリスの新聞「サン」、「デイリーメール」まで報道し、世界的に有名になったそうです。

猴抓妹

猴抓妹2


台湾のニュース



日本でも、一部では有名だと思います。
「おサルさんに服を引っ張られた女の子がカワイイと話題に」(ロケットニュース)


「舉牌妹」

台湾のプロ野球で、 先発投手の書かれたフリップを持つ女の子が可愛いと話題に。ただ、この子はものすごい恥ずかしがり屋で、氏名を明かさず、取材もすべて断ったそうです。インターネットユーザーの必死の捜索にもかかわらず、いまだに個人情報は謎のようです。

舉牌妹




「分手妹」

彼氏とケンカしたばかりの女性が、泣きながらメイクする過程をYouTubeに投稿したところ、大人気に。この人は他にもたくさんメイクのレッスンビデオを投稿しています。

分手妹





この人は本当に一時期話題になりました。ビデオは135万回再生されています。中国でも人気になったそうです。テレビにもゲストで呼ばれています。




「冰沙妹」

ある女の子が、自分が発明したシャーベット(冰沙)の作り方を紹介するビデオを投稿して人気に。シャーベットの作り方自体は本当にどうでもいいくらい簡単なんですが(笑)、女の子は確かにかわいいです。

冰沙妹




「阿舍乾妹」

「 阿舍乾麺」という麺を売っていた女性店員が美人だとインターネット上で人気に。インターネットユーザーがわざわざグループを組んで見に行ったほど人気だったそうです。

阿舍乾妹

阿舍乾妹2


ちなみに、阿舍乾麺は本当におススメ。おいしいし、安い(5パック60元!)です。インターネットでも買えるし、台北駅隣の微風廣場でも売っています。
「阿舍乾麺」

阿舍乾麵


「包頭妹」

張小貓さんが、台湾高速鉄道(新幹線)で、ゴムバンドとスカーフを使ったヘアスタイルの変化のレッスンビデオを撮影し、投稿したところ人気に。香港のメディアでも報道され、高速鉄道のCMと勘違いするインターネットユーザーもいたほどだそうです。

包頭妹




インターネットアルバムもあります。
「butterfly49's Album - WRETCH」


「風水妹」

元黑澀會美眉(台湾アイドルグループ)のCherryさんが、風水を紹介するビデオを作って投稿したところ、人気に。

風水妹





「舔舌妹」

民進党が作ったCMビデオの女性が人気に。

舔舌妹





ただ、人気になった後、悪いうわさもたくさん出てきました。結婚して子供を産んでいた、整形、豊胸していた、借金を返さない、などなど。このうち、借金を返さない(借りているのは本当)以外は、すべて本人が認めています。

だから、インターネットで、日本人が「台湾人だから天然美人だ」、「整形していない」と書いているのをよく見かけますが、決してそんなことはないです。単に韓国に比べて少ないだけで、整形美人もいます。


「客運妹」

長距離バス(客運)会社で働く小花さんが、台湾の人気番組「我猜我猜我猜猜猜」に出たところ、「客運妹」として人気に。

客運妹




「尖叫妹」

麻雀のCMで叫んで(尖叫)していた女性が、うるさすぎてインターネットユーザーの話題になり、CMそのものは差し替えられたものの、女性は人気に。

尖叫妹

尖叫妹2





「麒麟妹」

キリンビールのCMに出ていた女性が人気に。

麒麟妹




「大仁妹」

人気ドラマ「我可能不會愛你」で、李大仁(役名)の妹役の孟耿如がかわいいと話題に。

大仁妹




「證件妹」

台湾の射撃選手が中国で開催されたユニバーシアードに参加しました。ある中国人が、その證件(身分証明証)の写真が、彼の見た中で一番美しいと微博(中国版ツイッター)に投稿。リツイートを繰り返され、中国で大人気に。

證件妹

證件妹2


台湾のニュース




全部見て思うのは、台湾人女性は本当に性格美人が多いなと。静止画像で見ると大したことないのに、ビデオで見るとものすごく可愛いという人が何人もいました。

あと思うのは、台湾の美女を見つけ出すメカニズムは本当に強力です。たとえ素人でも、美女がいれば誰かがすぐ写真やビデオを撮って、インターネットにアップロードします。そして、毎日美女を紹介するブログが山ほどあって、それらが毎日掲示板を巡回して、投稿された写真を紹介し、あっという間にインターネットユーザーに広がります。多くの場合は、インターネット検索によって、本名や経歴まで突き止められます。最後に、テレビニュースまで、台湾のどこどこに素人美人がいるとわざわざニュースで紹介し、あっという間に美人情報が全国民に共有されます(台湾のニュースはときどき本当にくだらない情報もニュースにします)。プロ(ニュース)とアマチュア(素人美人愛好家)が全国にスカウト網を張っているようなもので、その威力にはすさまじいものがあります。
この、毎年発表されるポータルサイトの美人ランキングもそうです。Yahooとかその他のポータルサイトが、わざわざ素人も含めた美人ランキングを発表するとか、日本では考えられないですよね。

日本では、「台湾に美人が多い」という神話がインターネットを中心に流れているそうです。僕は必ずしも同意しないので、「台湾美人神話の検証」という記事を書きたいと思っています。台湾に美人が多い(あるいはそのように見える)理由はいろいろありますが、強力な美人発見システムも、 台湾に美人が多く見える原因の一つでしょう。