今日は彼女が休みで、僕も夜まで仕事がないので、内湾(新竹県の田舎の観光地)へ遊びに行ってきました。

007

内湾駅。


008

022

駅を出てすぐ見つけた「蛋蕉」というとても小さなバナナ。珍しいので、ぜひとも食べてみたかったのですが、一斤150元(普通のバナナは20元くらい)もするので、彼女が怒りだしました。
「なんであなたはそんなに無駄遣いをするの?」 と怒られました。
そのまま帰ると言い出し、なだめるのが大変でした。
味はまあまあでした(彼女にはおいしいと言ってだましたんですが)。
普通のバナナよりやや硬いです。


026

内湾はとても小さな観光地で、基本的に駅前の道一本しか観光するところがありません。


012

梅干菜。客家料理の代表的な食材で、水に戻して炒めたり、煮たりして食べます。もちろん、日本の梅干しとはまったく関係ありません(笑)。


018

魯味(中華風の煮込み)を売っていたおばあさん。貫録のある顔をしていたので、これはうまいんじゃないかと思って買ってみたら、これが大当たり!

020


だいたい、豆腐の親戚みたいな食材ばっかりです。
いちばん左に見える丸い「素肚」30元を頼んでみました。
中国語で「素」はベジタリアン、「肚」は内臓なので、豆を使って内臓に似せた食材です。


101

一般的に魯味というと、何とも言えない複雑な味がするんですが、ここの魯味はほとんどシンプルな醤油味でした。塩味が効いていて、ネギと漬物も入っています。
素肚もとても歯ごたえがあって、これは酒の肴にいいんじゃないかと思います。

030

「客家油蔥芋粿巧」という食べ物。たぶんタロイモで作った餅みたいなものです。
これを後ろの鉄板で焼きます。


039

ちょっと塩辛い、素朴な味がします。


046

これぞ内湾名物、野薑花粽子、1個15元!


044
 
野薑花という花が入っていて、独特のにおいがします。

台北からだと、まず新竹まで電車で約1時間半、そこで内湾線に乗り換えて、竹中駅まで、竹中駅からまた乗り換えて内湾駅まで行きます。新竹から内湾まで、乗換にもよりますが、1時間強かかります。


檢視較大的地圖