台湾に長く住んでいる人なら、たぶん一度は目にしたことのあるはずの謎の肉、「松阪豬」(「豬」は中国語で豚の意味)。
 実はこれは台湾ではとてもポピュラーな肉で、ひょっとしたら、「松阪牛」よりも有名かもしれません。

 
無題

 では、「松阪豚」とはいったい何なのか?
もちろん、日本の松阪で生産されている豚、ではありません。実は、台湾では、「松阪」が「霜降り」の意味で誤用されているので、「霜降り豚肉」という意味で、「松阪豬」という名前が使われているのです。

 では、 「松阪豚」はいったいどんな肉なのか?これは、「豚のほほの下からとれる肉で、1頭の豚から二切れしか取れず、しかも一切れ約200gしかない」そうです。「肉は他の部分に比べて白く、口当たりが良い」とされています。

IMG_3664

 上はそごうで売っていた「松阪豚」。


 では、日本は台湾で勝手に「松阪」の名前を使って豚肉を売っていることに抗議しないのか?しているようです。2009年1月13日の自由時報によると、同年1月12日の朝日新聞で、「台湾が(狂牛病のため)輸入を禁止している「松阪牛」、それにあるはずのない「松阪豚」を売っていることについて、「日本農林水産省が調査を始めている」」と報道したそうです。

 しかし、2010年9月18日のアップルデイリーでも、消基会(台湾の消費者保護団体)がレストランのメニューを調べ、15社の「神戸牛」、「和牛」、「松阪豚」などを発見したと書いています。しかし、同日付の自由時報では、「食品業界では「松阪豚は豚のほほ肉の名前であり、違法(偽称)には当たらないと考えている」と報道しています。



  僕がそごうで松阪豚を見たのも昨日なので、まったく取締りは効果がないと見られます。


参考資料
「松阪豬肉是豬隻身體上的哪一個部位呢? - Yahoo!奇摩知識+」
「日媒再炒松阪豬 質疑餐廳賣假和牛」
「標榜松阪豬 竟非日本貨」
「違法標榜松阪牛神戶牛 衛署要稽查」