台瘋・巴萊(タイフォン・バレ)

もっと台湾のことを知ってほしい!

2011年度インターネットユーザーが選ぶ台湾十大美人

今年も、Yahoo!奇摩無名小站(台湾Yahooが、ブログポータルの無名小站を買収した会社)が、「2011年度爆紅正妹排行榜」(2011年度ブレイク美人ランキング)を発表しました。


第1位 妞妞(Kerina)

kerina1
 
kerina2

 インターネットオークションや、 雑誌の人気モデルだそうです。インターネットアルバムの総アクセス数は、233万人!

インターネットアルバム:http://www.wretch.cc/album/kerina


第2位 洪詩(ホンスー)

洪詩1

洪詩2

 今はもうなくなってしまった人気番組「我愛黑澀會」の人気メンバーでした。インターネットアルバムの総アクセス数は、3000万人!

インターネットアルバム:http://www.wretch.cc/album/angel198817


第3位 Angelone

angelone1

angelone2

 セクシーさで人気だそうです。

インターネットアルバム:http://www.wretch.cc/album/ANGELONE


第4位 拐拐(グァイグァイ)

拐拐1

拐拐2

インターネットショッピングのモデルだそうです。

インターネットアルバム:http://www.wretch.cc/album/waitforyou77


5位 豆花妹(ドウホァメイ)

豆花妹1

豆花妹2

 台湾のアイドル。豆花店で働いていたところ、可愛すぎて話題になり、アイドルになったため、「豆花妹」というあだ名がつきました。

インターネットアルバム:http://www.wretch.cc/album/boonmini513


 6位以下は「続きを読む」で。続きを読む

逢甲夜市 その1

この前の日曜日、台中で日本語教師の勉強会があったので、ついでにその夜に逢甲夜市に行ってきました。台湾最大の夜市ということで、以前から行ってみたかったのですが、なかなか行く機会がありませんでした。

 Wikiによると、「平日で3万人、休日には10万人を超える人出」だそうです。ここが発祥の小吃も多く、「麻辣臭豆腐、章魚小丸子(たこ焼き)、大腸包小腸(米のソーセージでソーセージを挟んだもの)、起司洋芋(チーズを載せたジャガイモ)、可麗餅(コロッケ)、冰鎮糖葫蘆、懶人蝦(エビの串焼き)、金桔檸檬汁(レモンジュース)および炒麵麵包(焼きそばパン)」などが逢甲夜市発祥だそうです。

 たこ焼きと焼きそばパンはどう考えても日本発祥のような気がしますが・・・。


 昼に、「日本で売っている台湾についての本はステレオタイプばかりだ」と批判したばかりなのに、夜市の記事を書くのも何なんですが、まあ夜市は確かに台湾人の生活の一部なので・・・。

 002

 逢甲夜市は駅からだいぶ離れています。僕らはバスで行きました。


005

 まあ本当に、人、人、人です。中国語では「人山人海」と言います。


009
 
 僕らが夕食を食べたおでんの店。おでんは台湾で「關東煮」もしくは「黒輪」と言います。どうして「黒輪」と言うか、ずっと謎だったんですが、台湾語で発音すると、「黒輪」の発音が「おでん」に近くなるんですね。


008

 微妙に日本と違うネタ。


 010

 台湾のおでん。だしがよくきいていて、おいしいです。ただ、具に豆皮(湯葉のようなもの)など、台湾独特の具がたくさんあります。汁にも、ショウガと香菜(パクチー)が入っているところが台湾ならではです。ただ、7-11で売っているおでんはほとんど日本のと変わりません。


011

 極め付きはこの芋頭(タロイモ)! 台湾ではよく鍋物に使われます。長く煮込むと味が染みて崩れてきておいしいです。デザートに使われることもあります。




 かなり恥ずかしかったんですが、写真だけでは夜市の雰囲気が伝わらないと思ったので、動画を撮りました。顔は出ていませんが、声は出ています。正直ものすごく恥ずかしいんですが、台湾を紹介するために、我慢します。続きを読む

エビ釣りのエビは食べられるのか?

今日、ツイッターで、「台湾のエビ釣り堀のエビは食べられるんですか?」と質問があったので、お答えします。食べない方がいいです。
 以下は台湾のテレビニュース。



 要点まとめ
・「タイエビ(エビ釣堀で使うエビ)には抗生物質が使われている」とインターネットユーザーが掲示板で発言。
・抗生物質を使うと、エビが死ににくい。
・「抗生物質を使わないと、南部のエビ養殖場から、北部のエビ釣堀に運ぶまでに死んでしまうので、使わなければしょうがない。」とエビ釣堀の主人が発言
・ニュース記者がエビ釣堀でエビを買い、検査に送った。
・ 3パックのうち、2パックのエビから、発がん物質のニトロフランが検出された。これは一切禁止されているもの。
・ 煮ても焼いても毒性を取り除くことができず、健康に害があるだけでなく、妊婦が食べると奇形児が生まれやすい。
・ 衛生署は輸入食品については、厳しい検査を行っているが、エビ釣堀に対しては、誰が管理するのかというはっきりとした取り決めがないため、誰も管理していない。


 まあ、食べなきゃいいだけで、エビ釣り自体はおもしろいので、そのうちまた行こうと思います。

017

 写真は夜市で撮ったエビで、エビ釣堀とは関係ありませんが、多分同じエビだと思います。


 台湾のエビ釣堀というと、日本に住んでいる人には関係ないと思われるかもしれませんが、気になる記事を見つけました。台湾から日本に輸入されている養殖ウナギにも、同じ抗生物質がよく使われているそうです。

「ニトロフラン系合成抗菌剤の使用がやまない輸入ウナギの実情」

 気を付けるに越したことはないですね。

「松阪豚」の謎

台湾に長く住んでいる人なら、たぶん一度は目にしたことのあるはずの謎の肉、「松阪豬」(「豬」は中国語で豚の意味)。
 実はこれは台湾ではとてもポピュラーな肉で、ひょっとしたら、「松阪牛」よりも有名かもしれません。

 
無題

 では、「松阪豚」とはいったい何なのか?
続きを読む

どうしてブログを書くことになったか

 初めまして。ブログを書くのにいろいろおもしろいきっかけがあったので、ちょっと書きます。

 そもそものきっかけは、ツイッターを通じて、貿易会社の台湾人の社長に知り合ったことです。この人がおもしろい人で、僕に台湾で出版会社を作ることを持ちかけてきました。出版する本は日本の絵本、ガイドブックと決まったのですが、社長がむちゃくちゃなことを言い始めました。

「まず台湾で知名度を上げなければ売れない。まずお前がブログを書いて有名人になれ。それから、ブログ上で本を紹介してから、台湾で出版すれば売れる。お前はツイッターでもおもしろいことを書いているから、大丈夫だ。」

 そんな馬鹿な(笑)。確かに、そううまくいけばいいけど、台湾で人気ブロガーになるのはそう簡単ではありません。
 台湾人向けのブログの内容をいろいろ話し合って、中心テーマは「台日大不同」(台湾と日本の違い)、「観光」、「美食」に決まりました。しかし、これらの内容は、日本語に書き直せば、日本人向けのブログにもそのまま使えることに気が付きました。

 というわけで、このブログは、元々の目的であった、台湾人向けブログの副産物です。しかし、台湾人向けブログより、こっちのブログのほうがヒットしそうな予感がしています(笑)。だって、毎日ずっと台湾で暮らしているし、観光や美食を紹介すると言っても、台湾人には大して珍しくもない地元の紹介。どうやって台湾人向けブログをヒットさせるか、悩んでいるところです。

 また、以前から、個人的にブログを書かなければならない、 という気がしていました。というのは、日本の大震災の後、台湾人が世界一の援助をしてくれました。そして、台湾に興味を持つ日本人が増えていることをひしひしと感じています。しかし、日本語で書かれた台湾の本を見ると、「グルメ」、「お茶」、「エステ」、「屋台」、「ショッピング」など、ほとんどステレオタイプのイメージで書かれたものばかりです。しかも、内容が台北に偏ったものばかり。台北だけを見て台湾だと思うのは、東京だけを見て日本だと思うのと同じぐらい偏った見方です。
 だから、僕は今までとは違った角度から、 台湾についての情報を発信していきたいと思います。具体的に言えば、旅行者ではなく、生活者の視点から、台北だけではなく、台湾各地の情報を発信していきたい。ただ、観光客にとっての情報も大事なので、それも入れていきたいと思います。

 よろしくお願いします。

 
最新コメント
最新トラックバック
歴代人気記事
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
無名小站正妹時計
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブックマークに追加
我支持賽德克・巴萊
巴萊‧影迷勛章
  • ライブドアブログ